Table

すぐに実装できそうなところから、順に少しずつ機能追加していきます。 何度も作りなおす事になると思います。 徐々に理解を深めながら、ゴールを目指しましょう。

ドロップを描画する

https://scratch.mit.edu/projects/91284919/

ゲームで使用するドロップを描画する機能を追加します。

ドロップを生成する

https://scratch.mit.edu/projects/91290061/

今回つくるゲームでは、36個のドロップを使用します。 これらのドロップは6x6テーブルに表示されます。 ここでは、これらのドロップを、Listで管理する機能を追加します。

Tableを描画する

https://scratch.mit.edu/projects/91341934/ 生成したドロップを表示してみましょう。

ドロップを選択できるようにする

https://scratch.mit.edu/projects/91343315/

マウスが押された時のドロップの位置を記録してみる。

ドロップを移動する

https://scratch.mit.edu/projects/91347588/

ドロップを移動すると、ドロップが入れ替わるようにします。

X軸方向に揃ったら、ドロップをクリアする

https://scratch.mit.edu/projects/91349418/

Y軸方向に揃ったら、ドロップをクリアする

https://scratch.mit.edu/projects/91353699/#player

クリアした後、Tableを正規化する。

https://scratch.mit.edu/projects/91354269/

クリアされたプロックを再設定する

https://scratch.mit.edu/projects/91357595/

完成!!

https://scratch.mit.edu/projects/91358081/