自由落下

自由落下(じゆうらっか)させる

https://scratch.mit.edu/projects/78216824/

自由落下(じゆうらっか)のスクリプトを追加(ついか)してみましょう。

(1) ボールにスクリプトを追加(ついか)する

(1-1) 左下(ひだりした)のBallをクリックする

(1-2) 右上(みぎのうえ)のスクリプトタブをクリック

(1-3) 下記(かき)スクリプトを追加(ついか)してください

※ 「Yの速度(そくど)」変数を作るときは、「このSpriteのみ」にチェックを入れてください

(2) 確認してみよう

https://scratch.mit.edu/projects/78216824/

(2-1) 右上(むぎうえ)の緑色(みどりいろ)の旗(はた)をクリックしてください。ボールが落下します。

(3) Good!

良(よ)くできました。次(つぎ)のステップに進(すすみ)みましょう!!

補足:自由落下

物体は引き付け合う

手から石を離すと、地面に落ちる。この現象は万有引力によるものとされています。万有引力とは、物体にはお互いに引き付けあう性質を持つというものです。

万有引力で引き付け合う物体は、速度が上昇しながら近づいていきます。

古典物理での記述はこんな感じ

物体Aと物体Bが引き合う力は、古典物理学でき以下のような表現する事ができます。

F = (G × M × m) / (r × r)
F : 万有引力の大きさ
G : 定数
M : Aの重さ
m : Bの重さ
r : AとBの距離

重力が発生する理由

この仮説を立てたニュートンもこの力が発生している理由を、上手く説明できませんでした。ニュートンは今では存在しないものとされているエーテルの流れによるものと考えていました。

現代では、アインシュタインの相対性理論によると、時空の歪みが重力を発生させると考えられています。

ちなみに、地球の地表での重力は 9.807 m/s² ということが解っています。 物体の落下するスピードが毎秒9.807m/sづつ増加することを意味します。